第0章:出発

イギリス留学日記

0.1 いよいよ出発

いよいよ出発の日,10/2になりました.神戸空港を7時5分に出発し羽田で乗り換え,現地時刻の16:20に到着するスケジュール.2つ預ける荷物のうち,1つが1kgぐらいオーバーしてたけど,特に追加料金を取られることもなくゲートを通過できました!東京までの飛行機は結構人乗ってたけど,羽田について国際線のターミナルに行くとすっかすか.出国の手続きが無人ゲートで行われてたのと中毒性の高い音楽流しながら走る小さい運搬車が印象的でした.

0.2 機内の様子

イギリス行きの飛行機はほぼ貸し切り状態.席は非常口の前の席(エコノミーの最前列)だったので,足が伸ばせてすごく快適でした.飛行機が今どこを飛んでいるのかであったり,飛行機の前方や下側の景色をモニターで見れたのがすごくおもしろかったです.窓からだと雲しか見えないけど,カメラ越しだとロシアのレナ川がばっちり見えてました.小学校の頃の母校があるヤクーツク近辺も通ったので,少し懐かしい気分に浸ったり.

飛行機の中では,機内食が出てきて,現地時間に合わせて寝て,ファインマン物理学読んで,映画を見て、機内食が出てきてCAさんと少し話をしてると着きました(笑)CAさんって何か困ってるとすぐに駆けつけてくれるし本読んでるときは敢えて放っておいてくれるので,本当にすごい気が回る人たちなんだなーと感動しました.いつかあれぐらい気配りできるようになりたい.寝るときは乗客がいなかったから4列シートの1行分使っていいと言ってもらったのですごく楽でしたが,ずっと1つの席で半日も過ごすのはさすがにしんどうそう.機内で入国カード書こうと思っていたのですが、出国前にオンラインで記入していたPassenger locater formがそれの代わりになるそうで,電子化が進んでいたことには改めて感謝しました.

0.3 空港に到着

ヒースロー空港に到着!しっかり雨が降っていたので、よしよし、イギリスに来た感じするなーと謎の満足感に浸ってました.エスカレーターで歩いてる人がいなかったのが一番びっくりでした!絶対日本でなら僕は歩いてると思うけど(運搬効率が悪くなるのも承知の上…)周りに合わせてじっとしてました.入国手続きも無人ゲートになっていたんですが,なんかこれが通過できない.日本のほうではすぐ終わったのになーと思いながら眼鏡をかけたり外したりしてみたけど通過できず.結局人が直接審査してるほうのゲートに通されました.What is your study level?とか大学はどこ?とか聞かれたのちに無事入国完了.ここでてこずっていたからか,荷物はすでに到着していたのでスムーズに外に出れました!

0.4 迎えが来ない

Southamptonへは大学のMeetAndGreetというお迎えサービスで行く予定でした.この写真の店の前が合流ポイントのはず.だがしかし,待てど暮らせどそれらしい人は現れない.1時間ぐらい待っても来なかったのでさすがにまずいと思って,大学に連絡を入れたらあと30分ぐらいで到着すると連絡もらえました.どうやら大学側に少し手違いがあったようです.周りに中国の人や韓国の人が増えてきて実はみんなSouthamptonからの迎え待ち.彼らと仲良くなれたのでよかったとは思うけれど,結局3時間ぐらい待ちました.まあ来てくれたのでOK!運転手は20マイルオーバーで飛ばしまくるけどめっちゃ親切な人で,雨の話とか兄弟の話をしました.ちなみに運転手さんは10人兄弟らしい.

0.5 寮に到着

やっと寮に到着!めっちゃ荷物重かったけどなんとかReceptionまで行って,手続きできました.写真は少し落ち着いてから次の日の朝にとったやつです.先に到着していた日本人の方からは,隔離なんてあってないようなものだよと聞いていたのですが,結構がっつりルール説明されて.サバイバル用の食料キットまで渡されました.あれ…思ってたんと違うんですがと思いながらも,隔離生活が始まりました.

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧