第1章:隔離期間

イギリス留学日記

0.1 隔離期間のルール

隔離期間の基本ルールはフラットの外から出てはいけないということ.お手洗いとシャワーはフラット内にあるからなんとかなります.問題はご飯と洗濯とゴミ捨て.初めに配給された食料の中にレンジで温めたら食べられるお惣菜とカップラーメンがあったけれど10日は持たない.だから入ってたビスケットでなんとか難を凌いでました.水も水道水はよくない味がしたので飲めない.沸かして紅茶にしたらマシかと思って淹れてみると,なんか油みたいなの浮いてる.まあちょっとの期間だからしょうがないと思って2,3日は我慢してました.1週間分しか服も持ってきてないから洗濯するために外に出ることができないのもかなり困ったし,ごみ捨てにも行けないからゴミがどんどん部屋に溜まっていく.やっぱり不便なことが多い期間でした.

0.2 食料問題の解決

食べ物どうするの??ってスタッフさんに電話したら,スーパーでデリバリーやってるから頼んでって言われました.隔離中なのにちゃんと手元に届くかなと不安ながらも試すと普通に買い物はできました.それから2日ぐらい待ってたんですけど,やっぱり来ない.というか届けましたって連絡来てるのに部屋に来ない.寮に問い合わせてもここにメールしてって言われたところから返事がない.結局寮側に不手際があったみたいで外に3日ぐらい放置されてたらしく,生鮮食品は絶望的な感じでした.でもやっとお皿も手に入ったし食器洗いのための洗剤とスポンジも届いたのでマグカップは洗えるようになってちょっと生活の質は向上しました.とはいえスプーンとフォーク買い忘れたからずっと持ってきた割りばしで頑張ってたんですけどね.
着いて3,4日後に寮からメールが来て,寮の食事を部屋まで届けてくれるサービスがあることがわかりました.1週間分の献立がまとめて送られてくるから自分で好きな料理を選んでメールで送ると,誰かが持ってきてくれるというシステム.1回だけ届かないことがあったけど,基本的には誰かがちゃんと届けてくれました.写真は朝ごはんです.初日はめっちゃ詰めてくれたけど,これ以降は頼んだパンとか卵だけがくるようになりました.たぶん配達してくれる人による.夜ごはんはメインとサブ,デザートがあります.メインは3個の中から選べて,1つはかならずベジタリアン仕様なので,お肉があんまり食べられない僕はめっちゃ助かりました.そしてデザートがおいしい.選択肢も6個ぐらいあって一番力入れてると思います.僕は甘いもの大好きなのでここがめっちゃうれしいポイントでした.イギリスのご飯はまずいという評判が散々ありますが,ここのご飯は普通に美味しい.お米もたまに出てくるしすごく満足です.日本と違うなって思ったところは持ってきてくれる時の容器が全部紙でできているところと,使い捨てのフォークとナイフがプラスチックじゃなくて木でできているということ.もちろん袋も紙だったしすごく新鮮な光景でした.

0.3 コロナの検査キット

着いて2日後と8日後,僕は早めに外に出たかったので5日後の分のコロナの検査キットを予約してました.何回か寮の事務所に電話してなんとか着いた次の日にキットを受け取ることができました.話を聞いてると検査キットはポストに投函するんですが,その瞬間は外に出てもいいとのこと.めっちゃ嬉しかったです.僕のいるSouthamptonはどうやら雨が全然降らない地域らしく,基本的には晴れ間が続きます.だからすごくいい気分で散歩できました.コロナの検査は結果が出るまでに3日ぐらいかかって,5日目の追加キットまで買ったのに結局着いて8日目ぐらいでようやく外に出れるようになりました.検査結果は無事全部陰性でした.

0.4 夜中の避難訓練

寮からFire drillのお知らせというメールが届きました.どうやら避難訓練があるらしいのですが,いつあるのか不明.隔離期間中の人も参加していいのかとかも全然わからないからあんまり深く考えてなかったら着いて4日目の深夜にリンリンブザーが鳴りだしたんです.めっちゃうるさいし絶対これ避難訓練やんと思って,みんな外に出てるから一緒に外に出ました.結局外に出たのが正解だったっぽいのです.とはいえ夜中の2時とかにベルがなってたのでみんなめっちゃ眠そうでした.僕も時差ボケが全くなかったので彼らと同じでめっちゃ眠かった.この時間にやるのは狂ってるだろーっていうのが正直な感想ですが,同じフラットの中国から来てマスターやってる人と仲良くなれたことは結構大きい進歩でした.ということで初めて仲良くなったフラットメイトは彼です.この避難訓練,6日目のお昼3時ぐらいにもありました.何回するねんって突っ込んでたんですが,今このページを書いてる時点で訓練以外で3回アラームが作動してる(僕の住んでるところが異常なだけ)ので,案外重要だったのかもしれないですね.

0.5 1人で何してた?

隔離期間とはいえ,一応授業が始まってる期間でした.だからオンラインで授業に参加することとクラウドファンディングの準備が主にやっていたことです.オンラインでほとんどの情報が提供される授業のシステムに慣れるいい機会だったしクラファンは日本にいる頃からずっと企画していたので,公開の最終段階と宣伝の準備に時間を割いてました.教科書などオンラインで揃えないといけないものもある程度この時期にまとめて発注しました.教科書は特にネットで中古をみると結構安く手に入るので,僕みたいに紙媒体で手元に欲しい人にはおすすめかも.まあ日本でもこの点に関しては同じですよね(笑)あとは任意参加の外部授業みたいに3つ参加してみました.カーボンコンポジット材料の最新の研究について,火星探査のドローンの製作話,それにメルセデスF1チームのインターン説明会を受けました.いろんな英語に触れましたが,講義の内容は大体理解できるからひとまずほっとしましたし,どの講義もかなり内容が興味深かったです.そして着いて速攻ですがF1の1年インターンの機会を見つけました.応募締め切りが10/17とかでほぼイギリスで何もしてないのに履歴書書いて応募しないといけないっていう(笑)これに関してはまた別のページで詳しく紹介します.Formula Studentの説明会が隔離中に対面であって行けなかったり,取りに行かないといけない電子工作キットが取りに行けなかったり,やっぱり隔離中の不便さは大きかったけれど学校側もそこは配慮してくれたので助かりました.

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧

目次

留学ブログ一覧