第3章:いざこざ

イギリス留学日記

0.1 Offerが1年生に?

UCASからOfferが来たのは,締め切りの1日前.いつも通り,ぎりぎりです(笑)ただApplyの際からかなり入念に確認したはずの“編入”になってない.Start from Year Oneって書いてる.手違いだろうから大学側にもう一回連絡してみようと思って,Admission teamに問い合わせました.

しかし返ってきた返事は,Aero and Astro only gives you the offer for the Year One. You can withdraw the offer if you want.予想外の強気での返事にかなり焦りました.ちなみに僕の失敗は過去のやりとりを明石高専のメールアドレスでしていたため,編入の内定をもらったという証拠のバックアップをとれていなかったこと.ただずっとやりとりしているスタッフさんは確実に認識しているはずなのにどうしてこんなことが起こったんだろうか.このOfferは2週間以内に返事しないといけないので,それまでの間になんとか解決しようと思って,スタッフさんにAdimissionからのメールを転送しました.

0.2 まだまだてこずる

スタッフさんから確認するとの連絡はありましたが,そこからが長かった.2週間以内に結論は出なかったので,とりあえずUCASのOfferは受けたうえで,さきにVISAの手続きを済ませてしまおうと思いました.流れとしては,Offer受けると次はCASという入学許可証の発行になります.VISAの申請に必要な書類の1つです.というわけで一旦CASを発行(2週間ぐらいでできました)してもらって,VISAを申請しました.そこで発覚したのが,1年間にかかる高額な保険料.1年間で10万円も違うとなるとさすがにちゃんとしたOfferもらって,滞在期間3年で申請したいよね,ということで一度引き返しました.ここからひたすら毎日のようにOfferの変更を催促します.学校側からも連絡してもらったり,過去のやりとりを担任の先生に転送してもらって張り付けたり,いろいろしました.結局変更が確認できたのは初めのOfferが出てから1か月以上先の8/17.時期的にイギリスのテストのResult dayとかがかぶってきたのが本当によくなかったです.変更できたのはうれしいけど…ここでのOfferは変更という形だったので,特にUCASで1年生のOfferをOKしたことについて問題はなかったです.CAS申請に2週間かかって,そこからVISA申請.渡航がめっちゃぎりぎりになりそうです.

0.3 CASの発行

Offerに合わせて改めてCASを発行してもらいました.メールの文面で送られてくるだけなんですけどね(笑)できるだけ急ぐといってもらったんですが,発行には結局1週間とプラスアルファぐらいかかりました.でもいろいろあったいざこざもこれで解決.次はいよいよStudent VISA申請,のはずが…CASに1つおかしなことが書いてあったんです.